キャリアプラン

採用情報
Slider
キャリアプランicon

キャリアプラン

薬剤師入職後教育スケジュール


基本的には初期教育→調剤業務→服薬指導業務→監査業務 (→レセコン入力業務) と段階を踏んでいく。段階ごとにチェックリストを使用する。各段階終了後指導薬剤師・薬局長の判断で次段階に移行するかを決定する。修得不十分の場合は延期していく。監査業務終了時には1日一人でも業務ができるレベルにする。

●新卒薬剤師
年間スケジュール(基本)

年間キャリアプラン

薬剤師勉強会


関連グループ薬局(現在は8薬局)で月に一回実施しています。
講師は参加全薬剤師が交代(持ち回り)で担当しています。
「テーマ」は講師が自由に設定し、自分で調べたものを発表する会にしています。
同時にメーカー勉強会を実施しています。(新薬や話題の薬剤など) ※別途実績一覧

薬剤師勉強会

各薬局店舗でのメーカー勉強会実施


製薬メーカの商品説明会を日中や業務終了後に実施(各薬局で決定。月一回程度)
新薬や新規情報があるような薬品を各店で選定して実施。

研修認定薬剤師の資格取得と継続を支援


研修認定薬剤師とは、日本薬剤師研修センターの「研修認定薬剤師制度」に基づき、一定期間内に集合研修や自己研修を受け、定められた単位を取得し、その成果を客観的に認定した人に対して与えられるものです。

認定実務実習指導薬剤師:(現在4名登録)


薬学6年制に伴い、薬学生の薬局現場での実習が実施されています。
当薬局では5年時生の薬学生実務実習を受け入れています。

認定実務実習指導薬剤師

学校薬剤師活動


みらい薬局には5人の学校薬剤師がいます。

地域の幼稚園・小学校・中学校・高校の環境衛生検査として、定期的に水質検査・空気検査などを実施。また、養護教員(大学生実習)の講義などを実施しています。

薬学生の実務実習の参画 同時に薬物乱用防止教室を実施したり、学校医・学校歯科医と連携し、学校保健委員会に参画しています。

石川県の薬物乱用防止指導員にも任命を受けています。

学校薬剤師活動

地域社会への参画


●防災士活動

  • 金沢市のコミュニティ防災士に登録実施
  • 防災士の資格を取得して、「薬局・薬剤師の防災対策マニュアル」を参考に社員研修実施
  • 地域での講演などの啓蒙活動を実施
  • 普通救命講習(心肺蘇生法とAEDなどの救命処置)修了
防災士活動

●保護司活動

  • 薬物乱用防止活動
  • 社会を明るくする運動実施
薬物乱用防止講習

薬物乱用防止講習(地域の健全育成協議会にて)

スポーツファーマシスト


オリンピック・ジュニアオリンピックを目指す団体の「ドーピング防止・予防の相談」を受けています。
スポーツファーマシストは1名在籍しています。

実施状況としてカーリングチームとパラリンピック出場選手のドーピング相談を実施しています。

「いしかわ認知症ハートフルサポート企業・団体」


4店舗認定されました。
認知症サポーター養成講座を受講しました。
こまつ認知症ほっとけんSOS協力事業者に認定
SOSネットワーク事業協力機関に登録
りくつなケアネット金澤に参画

薬剤師勉強会実績一覧


●2018年

テーマ
4月24日アトピー性皮膚炎の薬剤使用方法//ゾフルーザ錠
5月22日外国人患者の対応//レキサルティー錠
6月26日軽度認知症について//スチバーガ錠
7月24日高血圧の栄養・食事指導//ビムパット
8月28日ヘルニア//ゾフルーザ
11月27日術前中断薬//モビコール

●2019年

テーマ
4月23日小児急性胃腸炎//タリージェ
5月28日味覚障害//タリージェ
7月23日緩和ケア(主に疼痛管理について)//アリーダ錠